借金で頭を抱えている人にとって強い味方債務整理

法律を使った借金の整理方法があることをご存知ですか?債務整理は、心強い味方となります。

債務整理は、心強い味方

債務整理と聞いても、なんともピンと来ない人は多いと思います。
ひとことに債務整理といっても、一種類ではなく、大きく分けただけでも4種類ほどありますので、その人の状況によって、どの方法が効率的なのかは変わってきます。

この債務整理は、借金問題で苦しんでいる方々にとっては、心強い味方なのです。
自分の味方につけるには、まず債務整理について知るということが大切になります。

当サイトでは、そんな債務整理の種類や解決策などをご紹介していますので、自身の状況と見比べていただき、確認いただければ幸いです。

司法書士に債務整理の相談をするメリット

認定司法書士は、140万円以下の借金の任意整理ができます。過払い金請求についても、140万円以下ならば代理人となって請求をしてもらえます。 個人再生と自己破産については、地方裁判所の管轄であるため、代理人となって裁判に出てもらうことはできませんが、借金相談をしてもらったり、書類の作成をしてもらうところまではできます。

債務整理の中で、司法書士に相談をすることでメリットがあるのは、任意整理や過払い金請求が弁護士よりも安く依頼できるということでしょう。個人再生や自己破産については、できることが制限されているため、よく考えて依頼をしましょう。

司法書士の権利とは?債務整理を依頼できる?

司法書士の中でも、認定を受けている人なら、過払い請求や、債務整理をすることができます。ただし、代理人となれるのは簡易裁判所までであり、地方裁判所まで争いがもつれ込むと、代理人とはなれなくなります。また、借金の金額が140万円以下でなければ、代理人とはなれません。

このように、司法書士に認められている権利は弁護士に比べるとかなり制限されていますが、借金相談を受けるだけなら可能です。相談をした後で、代理人となってもらうための依頼をするためには、140万円以下という制限や、簡易裁判所までという制限がかかります。自己破産については、アドバイスをもらいながら書類作成などを依頼することはできます。

多重債務を抱える方のための自己破産

複数の借入先から借金がおこなわれている多重債務に陥った際には、個人で解決することが難しいです。弁護士への相談が進められることによって対処できる場合もあるほか、どうしても完済できない借金問題に関しては、自己破産の手続きが進められるケースもあります。

裁判所への申請によって借金額が帳消しとなり、以降の収入が生活面に充当させられたり、借金の返済義務がなくなったりするなどもメリットが挙げられ、生活を進める上での支障もほとんど出ないとされています。借金相談については、無料で実施している機関も多数存在しています。

過払い請求は無理をしないほうがいい

無理をして過払い請求を行った結果、交渉決裂によって過払い金の支払いができないと言われる場合もあります。会社によっては、過払い金は非常に重要な利益となっていますから、支払いについて同意してくれないことも多数あるのです。

無理な金額を請求する、過払い金を全額返すように要求するなど、相手の会社が嫌がるような行為をしないように気をつけてください。同時に、裁判という方法によって、過払い請求を行う方法も考えてください。過払い金を全額返してもらいたいなら、裁判を最初から行ったほうが理想的で、多重債務でも一気に回収できるチャンスがあります。

過払い請求を効率よく実施

多重債務を持っている人で、複数の会社が過払い金を抱えていることがわかった場合、1つ1つの会社に対して請求を行ったほうが良いです。ただ、1つの会社が終わってから次の会社の過払い金を請求するというのではありません。

過払い請求は一括で行い、1つの会社と交渉をしている間に、他の会社についても交渉を進めていくような方針を取ります。一緒に過払い請求を行っていることで、過払い金を返してもらうまでに掛かる時間を節約しています。更に、時効という問題が過払い金にはありますので、その事項を超えないようにするためにも、早めに交渉を行って返しているのです。

債務整理で借金を整理できる可能性があります

今日、過去に背負ってしまった借金で、生活が苦しく困窮している人が増えていることが、社会問題の一つとなっています。その借金問題を解決する手段の一つに、債務整理があります。

債務整理には、自己破産や任意整理などいくつかの方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあり、その人の状況に合った整理方法を選ぶ必要があります。その処理を自力でやるのは大変難しいので、弁護士や司法書士等の専門家に任せることが処理の近道となります。まずは、インターネットや無料の法律相談等で調べ、メールや電話でコンタクトを取ることから始まります。

交通事故弁護士を利用し賠償額を引き上げる

保険金の支払い額を少額にしていくことで、利益を上げている保険会社は、弁護士基準と比較すると、任意保険基準はとても低い設定となっていることが分かります。利益を優先しているので、被害者への保証は手薄くなっています。

そのような場合には、交通事故弁護士を利用し、保険会社の提示してきた賠償額が適切かどうかチェックをしてもらってください。金額が不適切な場合には、交渉事を全て弁護士に一任し、賠償額を引き上げてもらうようにしましょう。弁護士基準で再計算することによって、賠償額が倍以上に膨れ上がることがあります。

交通事故弁護士に依頼する方法

自分が交通事故にあってしまったので交通事故弁護士に依頼したいという場合にはどのようにして依頼すればいいのでしょうか?依頼してしまえばなんてことないのですが依頼するまでが緊張してしまいますよね。

まずは自分の状況がどのような状況なのか把握するためにも無料電話相談などで簡単に相談してみるといいでしょう。そうすると今後どのような対応をこちらの法律事務所ではしてくれるのかということをしっかり説明してくれます。大体どのような対応をしてくれるのかということもこちらで把握することができますので比較検討にもピッタリです。

浮気をされたら離婚相談を弁護士にしましょう

浮気をされている事がわかっても離婚をするには一人だけでなく、結婚者同士の同意が必要なので場合によっては離婚出来ずに長期間悩まされている方も居ます。このトラブルを解消するなら離婚相談を弁護士にしましょう。

弁護士の方に相談をするとすぐに離婚が出来るように対応してくれるので安心です。浮気をされていたともなると離婚相談をする時に慰謝料の請求の話も出る場合があります。法律では許されていない事なので、離婚後の生活を苦しくしない為にも慰謝料の請求をする事は可能です。この時にも専門の知識が必要になるので弁護士に相談しておけば安心です。

弁護士で離婚相談

離婚相談の弁護士サポート!モラハラ、不倫、浮気などの理由で離婚したい。

司法書士の仕事内容!会社の登記、不動産登記、過払い、自己破産。

MENU

TOP 債務整理 弁護士 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 過払い請求 自己破産 司法書士

債務整理、過払い、自己破産と交通事故弁護士と司法書士の情報を参考に大阪、東京、千葉の司法書士と弁護士探しにご活用ください。

本サイトは司法書士、弁護士が作成しておりません。正しくない箇所があるかもしれませんのでご了承ください。債務整理、過払い、自己破産と交通事故弁護士と司法書士の情報は参考程度にご利用ください。